2014年01月22日

1/35 61式戦車5型をIFVにしてみるB

P1020045.jpg

戦闘室側面をどうするか悩みまくったあげく

ホバートラックの後部側面を、前後上下逆にして貼り付けて隙間を埋めて装甲風に・・・

CA3I0065.jpg

CA3I0064.jpg

形出したりまた隙間埋めたり・・・


\けど対して進んでない/






ついでにあまりかっこよくない事に気が付いた
posted by 鬼火 at 18:38| Comment(0) | 61式戦車5型

61式戦車5型 考察

考察 といってもそんな大層な事ではありません。

61式の大きな特徴の一つである雑具箱の事なんですがね。

61式考察001.jpg


61式考察002.jpg

フェンダー上にある雑具箱にしてはとてつもなく巨大です。

しかし付属の道具類はとても少ないものですし、

61式考察006.jpg

フェンダー右側に、だいたい収まってしまいそうな雑具箱があります。

61式考察003.jpg

フェンダー上の箱と同じ位のハッチがあるので、道具類は恐らくここに入るのだと思います。

61式考察004.jpg

横から見るとかなり分厚いです。

とても道具類だけの箱には見えません。

61式考察005.jpg


フェンダー上の大きなスペースとあの分厚さ。

これはもしかしたら、増槽と雑具箱と追加装甲を纏めたものではなかろうか


なんて思ったりしながら塗装を剥いでいます。

水性なのになかなか剥げなくてグヌヌ・・・
posted by 鬼火 at 01:30| Comment(0) | 61式戦車5型

2014年01月06日

黒森峰 ヤークトティーガー

P1020132.jpg

P1020133.jpg

正月から戦車初体験の友人と共に作ったガルパンヤークトティーガー。

購入から組み立て、塗装まで含めて8時間ほどで製作。

体が大きい所為か、C号と比べて随分と作りやすいように感じました。

P1020119.jpg

P1020120.jpg

P1020121.jpg

アクリジョンのマホガニーでベタ塗りの後、水にフラットアースやデザートイエローを少量溶いたのを何度も重ね塗りしています。

P1020122.jpg

シルバーでドライブラシっぽい事にも挑んでみたり。



P1020124.jpg

妖怪ケツぼかし



P1020125.jpg

ペリスコープが脱落したり、砲基部が車体接着後にはがれたり、アンテナ折れたりもしてます。


P1020127.jpg

P1020129.jpg

ある程度薄く塗ったらデカールを貼り、また重ね塗りを行うとこの状態。

競技車輌に見えない汚さですね。

P1020130.jpg

P1020131.jpg

まあまあ完璧ではないですが、初としては良い出来なんじゃなかろうかな と。

薄い塗料を何度も塗ってると、水彩画を描いてるような感覚になりました。



以下、猫のユッキー

P1020055.jpg

飼い主と共に。
生後1年ちょいでこのサイズ。
足もぶっといしまだまだ大きくなりそう。

P1020096.jpg

ヒモを垂らすと飛びついてきます。

P1020104.jpg

と思ったら興味を失い待機状態。
とても猫らしい。

P1020057.jpg

<<!!>>

posted by 鬼火 at 01:57| Comment(0) | 日記