2015年11月27日

モデリウム 1/35 陸上自衛隊普通科隊員

モデリウム.jpg

火曜日にモデリウムの1/35 陸上自衛隊普通科隊員が手に入りました。

モデリウム01.jpg

モデリウム02.jpg
キットにはポーチ類が一切無いので増設します。

タミヤの偵察隊員からマグポと水筒とガスマスクバッグを拝借。

左腰のユーティリティポーチは違うメーカーから。

モデリウム03.jpg

89式少銃にはACOGとレーザーを追加。


モデリウム04.jpg

右足にサイホルスター用、左足にガスマスクバッグ用のストラップを追加。

モデリウム06.jpg

モデリウム07.jpg

大改造はしていないので、すぐ塗装に入れました。

アーマーを少し緑を強くしたけどあまり効果が無さげ。

モデリウム11.jpg

モデリウム12.jpg

モデリウム13.jpg

モデリウム14.jpg

モデリウム15.jpg

超スピードで完成しました。

完成見本のように綺麗な斑点模様に出来なかったのが悔やまれます。

けどとてもカッコイイ。

是非とも別の射撃ポーズなども製品化して欲しいものです。


タミヤ横.jpg

タミヤ後ろ.jpg

モデリウム08.jpg

モデリウム09.jpg

モデリウム16.jpg

一人で飾るのは寂しいので仲間を召喚・・・

するつもりがパーツ紛失等で手間の掛かる状況になりそうです。
posted by 鬼火 at 19:00| Comment(0) | 日記

2014年01月06日

黒森峰 ヤークトティーガー

P1020132.jpg

P1020133.jpg

正月から戦車初体験の友人と共に作ったガルパンヤークトティーガー。

購入から組み立て、塗装まで含めて8時間ほどで製作。

体が大きい所為か、C号と比べて随分と作りやすいように感じました。

P1020119.jpg

P1020120.jpg

P1020121.jpg

アクリジョンのマホガニーでベタ塗りの後、水にフラットアースやデザートイエローを少量溶いたのを何度も重ね塗りしています。

P1020122.jpg

シルバーでドライブラシっぽい事にも挑んでみたり。



P1020124.jpg

妖怪ケツぼかし



P1020125.jpg

ペリスコープが脱落したり、砲基部が車体接着後にはがれたり、アンテナ折れたりもしてます。


P1020127.jpg

P1020129.jpg

ある程度薄く塗ったらデカールを貼り、また重ね塗りを行うとこの状態。

競技車輌に見えない汚さですね。

P1020130.jpg

P1020131.jpg

まあまあ完璧ではないですが、初としては良い出来なんじゃなかろうかな と。

薄い塗料を何度も塗ってると、水彩画を描いてるような感覚になりました。



以下、猫のユッキー

P1020055.jpg

飼い主と共に。
生後1年ちょいでこのサイズ。
足もぶっといしまだまだ大きくなりそう。

P1020096.jpg

ヒモを垂らすと飛びついてきます。

P1020104.jpg

と思ったら興味を失い待機状態。
とても猫らしい。

P1020057.jpg

<<!!>>

posted by 鬼火 at 01:57| Comment(0) | 日記

2013年05月31日

1/35 50口径6砲身ミニガン

CA3I0112.jpg

HGUCアレックスのガトリングガン基部と1mmプラ棒、MSGのガトリングの最小パーツででっちあげ。

いずれ61式の車載機銃になる予定。


CA3I0114.jpg

 1/35アメリカ兵と。

こんなもんでしょうか。 ちょっと大きすぎ?


何時もだったら10回くらい失敗してから形になるのに、今回は一発でOK。

なのでどこかおかしいんじゃないかとヒヤヒヤしています。

明日あたり壊れてるんじゃなかろうか・・・
posted by 鬼火 at 23:08| Comment(0) | 日記

2012年11月08日

バイアラン・カスタム

CA3I0063.JPG

パチ組んでみました。

でかくて細かいけどテンションダダ上がりだったので1.5時間ほどで完成。

下半身だけでHGUCジムUくらいあります。 

横幅はベースジャバー以上?

でっかいね。



CA3I0064.JPG

パーフェクトウォルターな出来ですが、マスクの長さだけ好きになれなかったのでちょいとマスク下を削り込み。

より美人になりました。



CA3I0065.JPG 

ギャプランバインダー装着。

ep4劇中には出てませんが、2号機はこんな感じでしょうか。

フライルーの腰回りなんかも似合うかもしれません。



CA3I0066.JPG

バイアランの胴体幅とヘイズルバックパックの幅は殆ど一緒です。

流石にポン付けは無理ですが、難しい工作もいりそうに無いので、色々楽しい事が出来るかもしれません。

posted by 鬼火 at 19:37| Comment(1) | 日記

2012年09月27日

D型ジェガン

リゼル作るなら随伴機もほしいよね!!

ということで経過覚書き。


ジェガンd型経過1.jpg

HGUCと旧キットを混ぜ合わせて好みの体型にしてます。

程よく背が高く程よくマッチョ。

設定画より劇中のイメージのが近いかもしれません。



P1010255.JPG

リゼルの脛は1cm延長。

劇中のひょろ長い感じにしたかったのでこの長さに。

ラインが複雑な所為か、伸ばすだけなのにやたら時間がかかりました。

それこそジェガンの全身弄るのより時間ガガガ・・・
posted by 鬼火 at 22:18| Comment(0) | 日記

2011年08月15日

MG Ex-Sガンダム製作記  前半

CIMG1824.JPG

2010年3月か4月にプラモに戻ってきました。
かれこれ10年以上離れてましたが、スタークジェガンとリゼルに惚れて戻ってきました。
そして2つ3つ作った所で、Sガンダムが欲しくなり購入。
最初は青にするだけで終了の予定でしたが、やはり自分だけのEx-Sが欲しい と思い改造する事に。

とりあえずは

頭は144のを
肩を大型化
太腿と爪先延長
ブルースプンター迷彩で
他の方々が作られた作例を参考にするが出来るだけ被らないようにする。

と、曖昧な感じでしたがどんな風にするかは決まってました。
しかし、実際は手段を考えるのにかなり悩んでいたので工作に移るのは暑くなってからでした。




CA341681.JPG

CA341689.JPG
まず太腿から。 144の太腿を使って1cm延長しています。 今思えばなんでこんな行動を取ったのか不明です。
なんかあったんですかね。



CA341795.JPG

次に肩をどれ位にしようかなーとPC上で弄ります。 太腿細すぎキモイですね。  ぉぉキモイキモイ。

CA341787.JPG

まず、キットの肩を刻まず、プラ板で囲む感じで大型化を目論見ます。
まったく安定しない。 バランス悪い。フレームとの合わせを考えるとマジメドイ。で30分で駄目だと分かりました。
やはりキットを切り刻んで大型化しかないのか と思いましたが、3日後位にプラ板での自作を閃きます。

キットを切って幅増して形を刷り合わせていくよりは、プラ板から1枚板で切り出した方が楽なのではないか?
変形無しにするんだったら尚の事自作の方が早いのではないか?
ほぼ直線構成なのでパテを使わず軽く作れるのではないか?

こんな感じで思いつき

CA341857.JPG

1mm板から上下の形を切り出し、2mm棒で繋ぎ、三角プラ棒を斜めラインの付けて成型します。

CA341912.JPG

ガタガタで歪んでる所多々でしたが、初めて作った割には良く作れた気がしました。

CA341965.JPG

ショルダージャケットに微妙な曲面があるのに気付いてしまい、それをなんとか再現しようとしてる図です。
プラ積層以外にもパテ持ったりとか折角の軽量化が台無しに。
大型化すると曲面も大きくなるのでしない方がマシだと気付いたのは手遅れになってからでした。

ここで圧倒的経験地不足を痛感し、一時中断。
経験地を増やす為にニューガンダムベースでスタークジェガンを作り始めます。
すぐ出きるだろうとタカを括っていたら意外と手強く、次に状況が動き出すのは5月後半になってからでした。










posted by 鬼火 at 23:14| Comment(0) | 日記